「1%の努力」


 自信を失いかけていた僕は、「オレって天才じゃないのかも」とこぼしながらも、その不安をはねのけるように努力を重ねる桜木花道の姿に引きつけられた。「天才」と自称していた桜木花道は、そうした泥臭い努力を重ねた末にこんなセリフを口にする。

 「天才とは99%の才能と、1%の・・・努力」。

 このセリフは、もちろん発明家トーマス・エジソンの「天才とは99%の努力と1%のひらめき」という有名な言葉のもじりだろう。エジソンの言葉は、たしかに真実なのかもしれないけれど、当たり前すぎて僕らの心を素通りしてしまう。

 でも、スラムダンクの主人公・桜木花道が「1%の努力」と言う時、それは「1%だけの努力でいいんだ」という意味ではなかった。自分の才能を疑わなかった主人公が、その自信を失いかけた時に、それを埋めるために自ら選んだ方法が「努力」だった。

 どれだけ才能があったとしても、最後にすべてを決めるのは努力なのだ。たった「1%」の努力であっても、それがすべてを決めるという意味で、エジソンの「99%の努力」よりも僕の心に響いた。

 努力することは、かっこ悪いことのように思われている。それをひけらかすことは、もっとかっこ悪いことのように思われている。でも、あえて言おう。

 受験時代の僕は、日本中をくまなく探しても、今日この一日、僕より努力している人間はいないだろうと確信が持てるくらい努力していた。朝起きてから寝るまでの秒単位の生活で、これほど努力したことは一日たりともなかったという日々を、毎日続けていた。

 根が怠慢な僕は、受験後もずっとそうやってきたと胸を張って言うことはできないけれど、でも、このことだけは忘れずに日々を送ってきた。結局のところ、すべてを決めるのは、ただひとつ、努力なんだ。才能があったかどうかは、努力の末に実った結果を見て、後になって分かるだけなんだ。

 自称・天才なら誰でも言える。でも、自称・天才と言い続けるためには、誰よりも努力しなければいけない。そして、他人が軽々しく「天才」と呼ぶ人は、そのように呼ばれるまではずっと、不安と戦い続けながら、誰よりも激しい努力を重ねている。

 彼らはもともと天才だったわけではなく、ベストを尽くし続けた結果、天才と呼ばれるようになっただけなんだ。そして、天才と呼ばれた後も、その努力を怠ることのなかった人だけが、真に天才と呼ばれ続けることになる。

 その努力のことを、桜木花道の言葉を借りれば「1%の努力」ということになるのだろう。「1%」だとバカにせずに、その「1%」に全身全霊をかけられた人が、結果として「天才」と呼ばれている。僕には、そのように思えてならない。

 桜木花道は、正真正銘の天才ではなかった。いつも成功するわけではなかったし、桜木花道より上手なプレイヤーは他にもたくさんいた。読んでない人にはネタバレになってしまうので詳しくは控えるけれど、物語の最後だって驚くほどあっけない幕切れだった。

 にもかかわらず、あれほど多くの人がスラムダンクに魅せられた理由は、主人公が天才だったからではなく、諦めずに「1%の努力」を続ける生き様に共感し、励まされたからではないだろうか。