現代文はセンスではない


 僕らは頭をよくすることができる。

 それを具体的に考えるために、実際の勉強を例にとってみよう。どの科目でも結論は同じなのだけれど、誰もが実践できる科目として「現代文」を取り上げることにする。

 受験科目の中で、現代文は「センス」の一言で片付けられてしまうことが多い科目だ。得意な人ほど努力しなくても解けてしまうし、先生になるのも元から得意だった人であることが多いために、この誤解はなかなか消えない。

 実を言えば、僕もその一人だった。読書をしていたこともあって、現代文はどちらかといえば得意な科目だった。そのせいで、この問題と向き合うまでに長い時間がかかった。

 でも、現代文をセンスの科目と考えるのは思考停止の最たるものだ。きちんと考えれば、現代文はセンスで決まるどころか、頭をよくするための最も手近な科目だということがわかる。

 それについて語る前に、まずは現代文という科目の特殊性を知っておく必要があるだろう。それが、ここで現代文を取り上げている理由だからだ。

 漢字のような知識問題を除いて、現代文は問題文の中に答えが存在している。普通の科目は知らなければ解けないけれども、現代文は、問題文の中に答えがあるのだから、よく考えて、その答えを見つけ出せばいい。

 暗記して点数を取ることに重きが置かれている現代の教育の中で、現代文は「考える」ことを求められている。それが現代文という科目の特殊性だ。

 もちろん、日本語を知っている必要はある。難しい言葉や、馴染みのないテーマが出れば、読むのは難しくなる。それでも、たとえば英語が英単語を知らずなければまったく読めないのと比べれば、現代文で求められている知識量ははるかに少ない。

 一文一文の日本語を読む力さえあれば、知識における差は基本的に生まれない。その際、現代文の得点を左右するのは、その文章がどのように組み立てられているのかを読み取る力だ。

 たとえば「空欄補充」の問題がある時に、多くの受験生は前後の文脈を読んで「なんとなく」答えを決める。膨大な文章を読んできた人の中には、そのようなやり方でも得点を取ることができる人もいる。経験豊富な料理人のように、直感で正しい答えを導き出すことのできる人もいる。それを、センスが磨かれている、と表現してもいいだろう。

 でも、そのような考え方で解いている限り、自分のセンスでは太刀打ちできない難易度の文章や、ほんのわずかな違いを見抜かなければならない設問で迷うことになる。

 そもそも、センスとはどのようなものなのだろうか。多くの人がなんとなく思っているように、それは形のない才能なのだろうか。