三章 努力できる喜び