四章 「自分はバカだ」と嘆く前に